2021年4月28日(水) 晴れ

 9時起床。

 女房の朝食。

 和食。

 テレビを見て,体操など。

 このところ午前中の体調が悪い。

 午後になるとよくなるというのは昔からだが,ボーッとした感じというか浮遊感,ふらつく感じが強くなっている気がする。

 別の病気かもしれない。

 「ソロモンの犬」(道尾秀介)を読み終える。

 この作家さんは初めてと書こうとして検索したら,「光媒の花」を2012年に読んでいたようだ。

 申し訳ないがまったく記憶にない。

 というか,立て続けに3冊読んだと書いてあるそのどれ一つとして内容を覚えていないので,そもそも本を読むという行為そのものが無駄かもしれない。

 まあ,そのときの「自分」とその時間を大切にすればいいってことかなあと自己弁護。

 ミステリーの範疇に入る作品だろうが,青春ラブストーリーでもあるのだろう。展開はよく練られていると思うが,全体にさらっとした印象。

 真犯人や探偵役が,意外にも後半から登場する。

 昼食は,女房が買ってきたトッポキ(トッポッキ,トッポギ)を半分ずつ。

 カップ麺のような容器に水を注いでチンする。

 なかなかうまいがけっこう辛いので我が胃腸にはどうなんだろう。

 その他,女房がおととい花束と一緒にいただいてきたお菓子など。

 重症の肺炎で入院してからもうすぐ1年となるので,家族に「闘病記」の存在を知らせようと思い立った。

 Googleドキュメントにこの闘病記の下書きというか一部を載せていて,そのアドレスは教えたので入院中にいろいろ書いていたことは知っているはず。

 しかし,まさか自分たちの書いたLINEのやりとりが無断で追加されて公表されているとは思ってもいないだろう。

 いや,申し訳ない。

 個人情報絡みのところは抜いたはずだからご迷惑はかからないと思う。

 許しておくれ。

 念のため,入院から退院までの24日間の日記をざっと読み返してみた。

 長いなあ。

 けっこう気楽な感じで書いているが,客観的に見ればかなりの重症患者だったはず。

 この日記も長くなりがちなので,そこは反省すべきかもしれない。

 女房は,お稽古へ。

 私は時間がなくなったので,ゴミ捨てして,家の周りを1周して,風呂に入る。

 夕食の献立。

 肉じゃが風。タマネギ,ニンジン,エリンギ,新ジャガ,豚こま,ピーマン,酒,砂糖,味醂,醤油,オイスターソース。

 女房の作ったニラとニンジンのナムル。きょうもナムルを作っていた。

 昨日のナムルの残り。

 豆腐と海草サラダの味噌汁。

 ご飯。

 ビール700mL。

 日本酒少々。

 ビールの在庫が切れた。

 「刑事コロンボ」を食事しながら見る。

 例のだましのテクニックだが,まあまあおもしろい。

 女房のお仲間で去年12月にコロナにかかった女性が4か月ぶりに来たとのこと。

 発症が1日ずれていたら,皆さんに移してしまったかもしれないと。

 医薬品関係の仕事をしていて感染には人一倍気をつかっていたはずだが,それでもかかってしまうことはあるわけだ。

 後遺症などはみられなかったとのこと。

 テレビを見て,皿を洗って,新聞を読んで,ネットを見て,2時就寝。

 

※貼り忘れたので追加。

http://coronadehanakatta.blog.jp/archives/6818486.html

-----------------------------------